2016年11月15日火曜日

ハイブリット車は得か損か???

最近LPGスタンドの減少などでハイブリット車を検討するタクシー会社様が増えているようですが

私がお客様を回ってお聞きしている意見の中では全く正反対の意見が結構あります。


賛成派はランニングコスト(燃料費)が安い事とLPGスタンドまでの給油距離を考えた場合の効率

の良さ等を挙げられています。


反対派は一度試しに導入したお客様が多く、事故などの時の修理費の高い事、修理期間が長い

事、20万km前後でのバッテリー交換が異常に高い事があります。

次は導入しないとの結論を出されています。


賛成派の方はバッテリーの交換費用を考えてもハイブリットの方がトータル費用では安いと仰って

います。


反対派では別の角度からも意見がある様で、乗車したお客様の意見として後部座席の座席と天

井の隙間が狭く乗り心地が悪い、荷物があまり乗らずホテルから乗り入れ禁止を受けている。

身体の不自由な方の乗降時に後部座席がドアからの距離がコンフォート等に比べ数センチ遠く乗

降しずらい等のお客様の意見を重視している意見もありました。


ハイブリットに統一していらっしゃるタクシー会社様も多くみられるようになって来ている反面、過去

にハイブリットを導入して次は選択しないという会社様も多いのも実情です。


今後出てくるジャパンタクシーはLPGのハイブリットですがどんな感じになるのでしょうかね。

楽しみでもあり、少し不安でもありますね。