2018年10月16日火曜日

中古車の引き合いが増えてきました。(中古車の流通量が増えています)

クラウンセダン コンフォート とタクシー専用車両が製造中止となった為かここにきて問合せや見積依頼が増えつつあります。
今まで中古車両を購入していた会社様はもちろんですが、初めて中古車両を検討する会社も多くなりました。

一方買取をしていた会社様の中古車を売って頂ける車両も減って来つつあり中古車が足りなくなってくるのではないかと心配されます。
ジャパンタクシーを購入するのが大変で代替車両全部をジャパンタクシーに出来ない会社が増えています。従ってその分の補充を中古車でと考えだしている会社が多くなってきているという事だと思います。
しかし中古車を売り渡していた会社も今までよりも長く乗る傾向にあり、乗りつぶす様な運用になりつつあります。

関東地区(主に東京)はジャパンタクシーへの切り替えが加速度的に進んでおり、クラウンセダンの中古車が市場に多く出てきております。その意味では買い手市場と言ってよいかもしれませんが、走行距離の短い良い車両は奪い合いであり価格はむしろ上がり気味です。50万km以上走行や年式が24年式以前(6年経過車)は台数も多く価格が下がり気味です。

しかしこの状況もあと1年か1年半位までであり、その後首都圏で中古車は暫く(3年~4年間)出てこなくなります。そうすると販売出来る中古車両はあまり良い車両では無くなるかもしれません。



0 件のコメント:

コメントを投稿